ホーム > みてみて情報 > 余裕を持って

余裕を持って

やっと売買する時という場合には、何よりも事前調査をサボってはいけません。

 

トレードを始める前であるならばその物を論理的に見ることができるゆとりがあります。

 

しかしながら、ひとたび相場の内側に飛び込んでしまうとどう工夫しても見え方が客観性を欠くものになってしまいがちで正しい状況がわからなくなる恐れが生じる。

 

その分自らの頭が客観的な状況で、しっかりと事前準備が重要です。

http://maruta.be/mpsbqb

この"準備"とは、ストーリー展開を書くことから始めます。

 

今後のあの通貨は下がる(または上がる)から、NZドルを買う(あるいは売る)というように、自分の脚本を書いていきます。

 

次に為替チャートをチェックしよう。

 

過去の市場の推移を見つめて現在の値段を調べます。

 

すると、「現時点では割りに高い状態である」とか、もしくは「とっくに多数の方々が買い(あるいは売り)に動いているから今さら急に取引しても今となっては遅いな」などと見えてきます。

 

今となっては取引するのが手遅れだなと思ったらそこはあきらめることか重要です。

 

自分なりのシナリオを引き下げないで、無理に売買すると、相場に押し返されてしまい、かえって損失を被ることになります。

 

とは言うものの大体の場面で用意周到に自身の物語を思い描いておけば、買い(または売り)が遅すぎるという状況にはならないと考えます。

 

大方、本格的に相場が上げ下げする前のはずだからです。

 

その次は、差し当たり取引しようと決めている外貨の上下の動きを正確に把握する事が大事です。

 

もしも、円安になるはずだという物語を描いたのであれば該当する通貨の上下動に注目する必要があります。

 

マーケットの変動を確認し始めた場面では、まだまだその通貨は目立って動く雰囲気を見せず上下にわずかな変動をしているだけでしょう。

 

だが、その上げ下げをしっかりと注目していると、ある状況で少しずつ、円安へとマーケットが動き始めます。

 

この状況でいよいよドルのエントリーします。

 

通常、そこまで周到に計画をやっておけばそのトレードで利益を上げる率は高くなるはずです。

 


関連記事

  1. 結婚ビザとエクアドル人

    配偶者ビザの申請を誰かに任せるなんて言語道断ですが、それは友人や知人や親族にお願...

  2. 結婚ビザの情報提供

    結婚ビザと一口に言っても、国によって結婚の形態は様々で、これは、養子の形態が様々...

  3. 仮放免申請の情報をあなたに

    仮放免申請の最中に、入管に収容されているの人たちの中でトラブルがあったらしく、ま...

  4. 在留資格「興行」を申請するエージェント

    在留資格「興行」に関して、とても信頼できる相談相手を探しているのであれば、同業ど...

  5. もはやレディースのサイズではない

    女のわりには身長が高めで肩幅もがっちりしている私は、 そこらへんの華奢な男の子よ...

  6. 在留資格「日本人の配偶者等」について

    国際結婚をした私の下には、妊活以前に、国際結婚の部分についてよく問われます。いわ...

  7. 余裕を持って

    やっと売買する時という場合には、何よりも事前調査をサボってはいけません。 &nb...

  8. 個人再生制度

    破産申告にあたって抱えるローンにあたり保証する人を立てている場合には事前に話をし...