ホーム > みてみて情報

みてみて情報:記事一覧

結婚ビザとエクアドル人

配偶者ビザの申請を誰かに任せるなんて言語道断ですが、それは友人や知人や親族にお願いするのが危険というだけで、行政書士さんであればむしろ積極的に活用すべしというのが、友人達の間での共通した意見です。ただし、行政書士さんはピンきりなので、きちんとビザを専門としている人がいいでしょうね。まあ、知り合いに行…

結婚ビザの情報提供

結婚ビザと一口に言っても、国によって結婚の形態は様々で、これは、養子の形態が様々なのと同じように、家族の観念というのは、これだけ世界がフラットになってもまだなお存在し続けているのですね。配偶者といっても、一夫多妻制のところもあり、そのような国での結婚ビザはそどうなるんだよとか、まじで私の周りではカオ…

仮放免申請の情報をあなたに

仮放免申請の最中に、入管に収容されているの人たちの中でトラブルがあったらしく、まあ、一種の喧嘩なのですが、たいへんなことになりました。友人は入国管理局の外の病院に行かせて貰っているようですが、どうやらかすり傷程度の喧嘩だったみたいですね。収容されているとやはりストレスが大きいので、喧嘩になりやすいの…

在留資格「興行」を申請するエージェント

在留資格「興行」に関して、とても信頼できる相談相手を探しているのであれば、同業どおしであるていどの相談は出来ますが、やはり行政書士さんが良いでしょうね。うちはクラシックの演奏家を手配する時に、いつも六本木の行政書士さんにお願いしています。 在留資格 興行は、とても神経質に拘らなければならないポイント…

もはやレディースのサイズではない

女のわりには身長が高めで肩幅もがっちりしている私は、 そこらへんの華奢な男の子よりはよっぽど男らしい体格をしているのが悩みです。 なので気がゆるんで少しでも太ってしまうと目に見えて巨大化してしまいます。 困ったことに一時期ポテトチップスにはまってしまい、仕事終わりに一袋食べるのが 至福の瞬間だった頃…

在留資格「日本人の配偶者等」について

国際結婚をした私の下には、妊活以前に、国際結婚の部分についてよく問われます。いわゆる在留資格「日本人の配偶者等」の取得に関する質問です。 日本での就労が可能になるビザ、あるいは配偶者ビザ等を海外の日本総領事館等に申請する際、在留資格認定証明書を提出することにより、ビザ申請手続きがスムーズになり、ビザ…

余裕を持って

やっと売買する時という場合には、何よりも事前調査をサボってはいけません。   トレードを始める前であるならばその物を論理的に見ることができるゆとりがあります。   しかしながら、ひとたび相場の内側に飛び込んでしまうとどう工夫しても見え方が客観性を欠くものになってしまいがちで正しい…

個人再生制度

破産申告にあたって抱えるローンにあたり保証する人を立てている場合には事前に話をしておくべきでしょう。   ここで、強調させていただきますが保証人を立てているときは自己破産前に考えるべきです。   つまりは破産手続きを出して受理されればその人が負債をいっさいがっさい払う義務があるか…

1